2013年06月06日

切磋琢磨の土壌

6月に入りました。
先月末のジャパンオープンを皮切りに試合が毎週続いています。
先日の関西学生チャンピオンシップでは、チーム全体としては、まずまずの結果を残すことができました。
今大会は、これまでの京都学生、大阪学生、兵庫学生を統合し新設されたもので、今年が第1回となります。
残念ながら近畿大学が不出場だったため、決勝ラインは当初の予想ほど高くなかったですが、本学の選手が多数決勝に進み、二度泳ぐ機会を得たことは、貴重な経験を積めてよかったと考えています。

近年、自由形長距離の選手が増えたこともあって(かつての関学では考えられないことですが……)、昨秋から毎週水、土曜日の午後はロング組だけスイム練習を実施しています。
リーダーの森芳が毎回頑張ってくれるので、同輩の小野をはじめ後輩の北山、小山、そしてルーキーの長谷川、佐野に至るまで、皆が触発されて練習に励んでくれています。
切磋琢磨という言葉はまさにこういう姿を意味するのだと、改めて実感しています。
普段の練習のタイムに比べれば、試合の結果はまだ物足りない気もしますが、この雰囲気を保って、インカレでは有終の美を飾ってもらいたいと思います。

もちろん、頑張っているのはロング組だけではありません。
卒業した中村豊がかつて森を鍛えてくれたように、今度は森が後輩の安藤の陸トレに付き合ってくれたりするなど、プールの内外で自発的な「学びの舎」が展開されています。
学生スポーツの良さはきっとこのあたりにも隠されているのだと思います。
歴代の先輩方のご尽力によって開墾されたこの土壌が朽ち果てぬよう、今後も見守っていきます。
posted by KGUSTスタッフ at 21:51| スタッフ(今村)より

2013年05月03日

学生の本分は勉強

新緑を照らす光が眩しく、自然に恵まれた上ケ原キャンパスが一段と輝きを放つ季節となりました。
今さら何をという表題を掲げましたが、先月開かれた日本選手権での森芳(商3)の活躍とこの1年の彼の行動を振り返って、改めて強く思いましたので、選びました。

森芳の日本選手権の結果は、1500M自由形で15分33秒34、ランキング10位でした。
高校1年生以来、約5年ぶりのベスト更新となりました。
この間、本人には大変な葛藤があったものと推察しますが、ようやく過去の「亡霊」に打ち勝つことができました。
要因は、練習に取り組む姿勢が以前に増してよくなったことはもちろんですが、学業に取り組む姿勢が大きく寄与したものと考えています。
数年前から推薦入試で入学した学生の学業成績を定期的にチェックしていますが、先学期の森芳の学業成績は部内でも突出して優秀でした。
「一流の人は、自分にとって一番大切なことについてはもちろん一流であるが、二番目、三番目のことについても一流である」と、岡田部長が常に繰り返し説かれていますが、森芳はこの言葉の意味をよく理解し、実践したのだと思います。
本学では、推薦入試で入学した学生に対する学業面での優遇措置は一切ありません。全学部の全科目についてすべて一般入試で入学した学生と同じ扱いとなります。
よって体育会の学生には必然的に文武両道が求められ、競技者の前に学生であることを意味する「スチューデント・アスリート」としての行動が求められます。
森芳は弊部にとってまさに模範生の一人であり、この勢いで残りの学生生活を大切に過ごし、チームを牽引してもらいたいと願っています。

OB・OGの皆さまへ。
景況感は全体的に改善しつつあるようですが、学生の就職は依然として厳しい状況が続いております。
弊部の学生は毎年健闘しているものの、職業観を醸成するにはさまざまな企業・団体で働いておられる皆さまのご経験を語っていただくのが最も効果的です。
ぜひ、休日の際に練習、試合にお越しいただき、学生にご教授ください。
私の鉄鋼マン時代の話は段々と錆びてきましたので、お力添えをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

posted by KGUSTスタッフ at 23:13| スタッフ(今村)より

2013年03月23日

新入部員紹介

更新が久しく途絶えておりました。
誠に申し訳ございません。
唐突ですが、今春、KGUSTに入部する新入生をご紹介します。

☆瀬角 健太(社会学部/平泳ぎ/岡山・関西)
☆稲垣 和磨(法学部/平泳ぎ/愛知・中京大中京)
☆山本 知志(経済学部/バタフライ/大阪・桃山学院)
☆長谷川 大輔(商学部/自由形長距離/石川・金沢錦丘)
☆立花 槙次郎(人間福祉学部/背泳ぎ/大阪・太成学院)
☆佐野 武(教育学部/自由形中距離/兵庫・市川)
☆細川 大夢(国際学部/自由形短距離/京都・洛南)

大半が来週から始まる全国JOに出場します。
ご注目いただければ幸いです。

(追伸)
卒業生の木本聡君(2005年卒)が今春、関西学院事務職員に転じ、水上競技部競泳コーチに就任することになりました。新入部員ともどもよろしくお願いいたします。
posted by KGUSTスタッフ at 20:22| スタッフ(今村)より

2012年12月23日

12年度収支報告と13年度ご援助のお願い

今年も残り数日となりました。
OB・OGの皆さまにおかれましては、お忙しくお過ごしのことと存じます。
2012年は弊部にとって、ゴール寸前で関西制覇を逃した悔しい年でもあり、全国インカレで目標のベスト16入り、男子400リレー決勝進出を果たせたうれしい年でもありました。
2013年はさらに躍進した姿を皆さまにお見せできるよう、皆で励んでまいります。

さて、2012年度は皆さまから弦泳会費・寄付金として、総額1,315千円のご援助を頂戴しました。
おかげさまで練習用具の充実を図ることができ、部員のレベルアップにつながりました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
2013年度分につきましても、すでに11月の口座引き落とし、水の祭典等で多くの方にご援助をいただいておりますが、引き続きご支援いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
なお、いただいた資金は主に以下のとおり支出させていただきましたので、ご報告いたします。

☆2012年度(2011年10月〜2012年9月)使途報告
<収入の部>
 ・弦泳会費・寄付金  1,315千円

<支出の部>
 ・用具購入費(注1) 1,080千円
 ・トレーナー謝礼    95千円
 ・勧誘費        96千円
 ・春関エントリー代   60千円
  支出 計      1,331千円
 ※不足分は、繰越金より充当しました。
 ※勧誘費は、インターハイ(新潟)、福岡県大会、愛知出張の宿泊・交通費です。

<注1:購入備品>
@メンターパドル×30個  Aトランシーバー×6台  Bスイムシュート×6個  Cセラロール×5本  DFINIS製ストップウォッチ×12個  Eテックボード×40個  Fテンポトレーナー×5個  Gセラチューブ×2本  Hロングベルト×2本  Iショートベルト×2本  JDMCフィン×13個  Kセンタースノーケル×10個  L水球ボール×5個 MTRX×3個 NTRXリップトレーナー×2個 用具入れカゴ× 4個 など


☆2013年度会費・寄付金納付先

 厳しい経済環境の折に、誠に恐れ入りますが、今年度もご支援いただければ幸甚です。
 どうぞよろしくお願いいたします。
【弦泳会費】 
 ・1万円(年額)
   ※援助金につきましては特に定額はございません。
【お振込先】
 ・口座番号 / 三井住友銀行 甲東支店 (普)4173946
 ・口座名義 / 関西学院大学水上競技部
 ・フリガナ / カンセイガクインダイガクスイジョウキョウギブ
  ※振込手数料につきましては、ご負担いただきますようお願いいたします。
posted by KGUSTスタッフ at 19:48| スタッフ(今村)より

2012年10月20日

2013シーズン始動&水の祭典案内

約4週間の充電期間を終え、新チームが6日(土)から始動しました。
この間、部員たちは思い思いにOFFを満喫し、それぞれのペースで自主練習に汗を流しました。
初日のミーティングで新主将の竹下(商3)から新チームの目標が発表され、関西学生において男子が関西制覇、女子が2部優勝、日本学生においてチーム全体で50点獲得を目指すことになりました。
7年後の創部100周年を考えると、是が非でも達成したい目標ですが、頼もしい4年生が去り、現況のままでは厳しいと言わざるを得ません。
一人ひとりが日々の練習と生活に真摯に向き合い、レベルアップを図ることはもちろんですが、部員同士で議論を重ね、アウフヘーベンが繰り返されるようなチームへと進化しなければなりません。
OB・OG各位におかれましては、引き続きご指導ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

さて、恒例の「水の祭典」ですが、今年は下記のとおり11月24日(土)に開催いたします。
競技の部の進行等、詳細につきましては後日、現役生よりOB通信でご案内いたしますが、まずは日程だけでも押さえていただければ幸いです。

◆水の祭典
 2012年11月24日(土)
・競技の部 13時〜(予定) 於・関西学院大学地下温水プール
・弦泳会総会 17時〜  於・関西学院会館1階「翼の間」
・レセプションの部 18時〜20時 於・関西学院会館2階「風の間」
 ※レセプションの費用はお一人様6,000円でお願いします。
posted by KGUSTスタッフ at 19:01| スタッフ(今村)より

2012年09月10日

Noble Stubbornness

今季の最終試合、日本学生選手権が9日、閉幕しました。
総合では男子が14位と、近年では最高の結果を残すことができました。
個々の詳細はホームページをご覧いただくとし、今年も思いつくままにハイライトを綴らせていただきます。

@男子総合14位、目標のベスト16入り
序盤は苦しい展開となりましたが、400リレーで決勝進出を果たし、チームの士気は一気に高まりました。その後、中村(社4)、樋口(社2)が個人種目で点数を重ね、昨年果たせなかったメドレーリレーでもB決勝進出。計36.5点を獲得し、14位となり、チーム目標のベスト16入りを果たすことができました。

A男子400リレー、14年ぶりのA決勝進出
1998年以来、同種目で14年ぶりの決勝進出を果たしました。オーダーは1カ月前の関西学生と同じ、樋口、文野(人福4)、崎久保(国1)、中村の4名。関西学生の記録より1秒以上短縮し、予選を7位で通過。決勝でもシード校の一角を切り崩し、7位入賞を果たしました。大会期間中、他大学の多くの先生方から祝福の言葉を頂戴しました。改めてリレーで決勝に進むことの衝撃の大きさに驚くとともに、身の引き締まる思いがしました。極限のプレッシャーに打ち克ったメンバーの4名に敬意を表したいと思います。

B男子100FRで2名がB決勝進出
自由形短距離の2枚看板、中村と樋口が順当に予選を通過してくれました。同種目は最終日に行われるので、疲れもあったと思いますが、任務を全うしてくれました。同一種目で複数名が予選を通過したのは何十年ぶりかの快挙だと思います。少なくとも平成に入ってからは一度も経験していません。

C樋口、大車輪の活躍
初日の50FRを皮切りに400リレー、400メドレーリレー、100FRと、今大会で関学が獲得した得点の大半に樋口が関与しています。100FRを泳ぐこと6回。そのすべてにおいて昨年までの自己ベストを上回るタイムで泳ぎ、リレーの1泳では当面の目標であった50秒台入りを果たしました。心身ともに疲労困憊だったと思いますが、最高の「Noble Stubbornness」を見せてくれました。今大会のMVPです。

D17位が5種目
50FRの森(人福2)、山本(社3)、1500FRの森芳(商2)、200IMの出井(社3)、800リレーの計5種目で17位(補欠1位)となりました。いずれもベストを尽くしたうえでのことですが、このあたりにチームとしての未熟さが垣間見えます。オフ期間中に再度課題を洗い出し、来季に向けて皆で改善行動に努めたいと思います。

Eおまけ:「お〜い、中村くん、アゲイン」
文章にはオチが必要なので今年も一つ。昨年の反省を生かし、今年は初日からエンジン全開で攻めに攻めたエース中村。最終日の100FRにおいて予選を無事通過し、迎えた800リレー。1泳・森芳、2泳・北山(社1)が好記録でつなぐも3泳・山本(商1)がやや不調。苦しみながら何とかアンカー・中村へとつなぎました。その瞬間、おそらく部員全員が「頼む、中村!」と心の中で叫んだことでしょうが、結果は彼らしい?見事な「ガス欠」。昨年書いた文章が即座に脳裏をよぎりましたが、今になっていらんこと書かなければよかったと猛省しております。中村、すまん……。 

大会期間中、ご来場いただきました諸先輩、保護者の皆様、ご声援ありがとうございました。
4年生のみんな、4年間本当にお疲れ様でした。残りの学生生活は、今までクラブのためにできなかったことを思う存分、楽しんでください。

posted by KGUSTスタッフ at 20:32| スタッフ(今村)より

2012年07月31日

関西学生終了

関西学生選手権が終了しました。
結果は男子総合2位、女子総合7位でした。
男子は首位の近大と14点差、女子は6位の天理大と2点差で2部降格となりました。

男子は今季、49年ぶりの総合優勝を目標に定めました。
実力者が揃う4年生、伸びしろのある3年生、実力とタフネスを兼ね備えた2年生、可能性を秘めた1年生と、近年では最強の戦力が整い、可能性は十分にありました。

戦前の予想は、近大、大体大との三つ巴の争いとなり、そこに他大学の強豪選手が割ってはいり、優勝の行方を左右する、というものでした。
そして優勝するためには160点必要と試算しました。
結果、本学の獲得得点は157点でしたので、選手は本当によくやったと思います。
最終日、一時首位に躍り出ましたが、個人種目の最終レース、200平泳ぎで近大勢が1、2、3フィニッシュし、自軍の戦略は詰みました。
800継のメンバーにとっては、心身とも満身創痍のなか臨んだレースだったと思います。
最後まで全力を尽くしてくれたことに感謝しています。

女子は少数のハンデを乗り越え、3年生の山本を中心に驚異的な粘りを見せてくれました。
戦前の予想を大きく覆す、最高のレジスタンスでした。
インカレに向けてもう一度鋭気を回復してもらいたいと思います。

3日間で延べ70名を超えるOB、OGの方に応援に来ていただきました。
中には遠く香港から駆けつけてくださった先輩もいます。
本当にありがとうございました。
皆さんとともに歓喜の輪を築きたかったのですが、力が足りませんでした。
ご期待にそえず申し訳ありませんでした。
学生は頑張っていますので、引き続きご指導、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
posted by KGUSTスタッフ at 22:49| スタッフ(今村)より

2012年07月09日

大阪夏の陣

関西学生まで残り半月となりました。
7月1日の兵庫県長水路記録会の結果をもって、レギュラーが確定。
決戦の舞台へ向けて、意欲的に練習に取り組む姿が目立ってきました。
今季は例年以上にOB・OGをはじめ関係者の皆さまからの期待が集まり、チームはいいプレッシャーを感じながら、ここまで歩んできました。
今週末から前期試験が始まりますが、レギュラー陣は体調を崩すことなく、万全の状態で試合に臨んでくれるものと願っております。

さて、今月3日から元競泳日本代表の今井亮介さんをお招きし、平泳ぎ、個人メドレーの選手を中心に技術指導にあたっていただいています。
10日弱の短い期間ではありますが、的確で熱心なご指導の甲斐あって、選手の泳ぎが格段に良くなるなど、早速効果が表れています。
先週土曜日のミーティングでは講演をお願いし、ご自身の豊富な経験を交えながら、スチューデント・アスリートとしての心構えやレースへの臨み方などを説いていただきました。
当方の無理なお願いにもかかわらず、ご協力いただき、本当に感謝しております。
(啓介君もありがとう!)

【OB・OGの皆さまへ】
関西学生最終日(29日)ですが、試合終了後、OB・OGの皆さまにもお集まりいただけるよう、知人の店を貸し切りでおさえました。
現役生は閉会式等で合流が遅れますが、先に皆さまで昔話に花を咲かせていただければと思います。
当日参加でも構いませんので、ぜひお越しいただき、現役生を労ってやってください。
よろしくお願いいたします。

◆日時:2012年7月29日(日)午後6時〜
◆場所:海鮮お初
 (大阪市北区曽根崎2-14-7 グランデ曽根崎ビル1F、TEL06-6363-8878)
  ※地下鉄梅田駅徒歩5分、お初天神通りから細い路地に入った所にあります。
◆会費:一人5,000円 
posted by KGUSTスタッフ at 22:32| スタッフ(今村)より

2012年05月08日

若葉十八

新緑の美しい季節となりました。
豊かな自然に囲まれた上ケ原キャンパスは緑一色に染まり、爽やかな風が流れています。

こどもの日の5日、恒例の新歓コンパを梅田で開きました。
本日時点で、新たに18名(選手14名、マネージャー4名)が競泳部門に入部し、過去最高記録を更新しました。
一昔前までは全学年合わせて20名ほどだったので、隔世の感を禁じ得ません。
その一方で、大所帯となり、管理者としての責任が一層問われていることを肝に銘じているところです。

先月29日には「関関戦」が関西大学で開催されました。
個別には苦戦を強いられたものの、何とか勝利を収めることができました。
会場には多くの先輩方に応援に駆けつけていただきました。
差し入れまで頂戴し、感謝しております。
来週末の京都学生を皮切りに6月中旬まで、レギュラーを懸けた長水路の試合が毎週のように開催されます。
引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします。
posted by KGUSTスタッフ at 21:10| スタッフ(今村)より

2012年04月22日

陽春の候

前回のご報告からはや50日が経ちました。
通信が途絶えましたことをまずはお詫びいたします。

この間、田島ら旧4年生が卒業し、入れ替わりで15名の新入生が入部するなど、クラブは慌しい毎日を送ってきました。
そんな最中に迎えた関西学生春季公認記録会では、全体的にまずまずの結果を収めることができ、夏に向けて幸先のよいスタートがきれたと思います。
個々の結果はホームページに掲載しており、すでにご覧の方も多いと思いますので触れませんが、新たに6名(10種目)が来月のJAPANOPENの標準記録を突破。
総勢10名で東京・辰巳に乗り込むことになりました。
二桁の大台は久しぶりのことですので、心強く感じております。

今月29日には、ALL関関戦が敵地・千里山で開催されます。
本日、そのエントリー表を提出しました。
今年はどんな熱戦が繰り広げられるのか。
公認試合ではありませんが、両校の中学、高校、大学生が一堂に会する大会でもあり、毎年楽しみにしております。
競技は11時30分から始まりますので、お近くにお住まいの方はぜひ会場まで足をお運びください。

最後になりましたが、今年も弦泳会費・現役援助金のお願いをさせていただきましたところ、これまでに多くの先輩方からご協力、ご入金をいただきました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
頂戴しました資金は主に練習道具の購入に充てさせていただき、おかげさまでかなり充実してきました。
次は、最新の水中カメラと映像分析ソフトの購入を検討しております。
いずれも値が張りますが、今後の躍進に欠かせないものですので、引き続きご支援いただければ幸甚です。
7月29日に49年ぶりの吉報をお届けできるよう尽力いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by KGUSTスタッフ at 16:54| スタッフ(今村)より