2012年07月31日

関西学生終了

関西学生選手権が終了しました。
結果は男子総合2位、女子総合7位でした。
男子は首位の近大と14点差、女子は6位の天理大と2点差で2部降格となりました。

男子は今季、49年ぶりの総合優勝を目標に定めました。
実力者が揃う4年生、伸びしろのある3年生、実力とタフネスを兼ね備えた2年生、可能性を秘めた1年生と、近年では最強の戦力が整い、可能性は十分にありました。

戦前の予想は、近大、大体大との三つ巴の争いとなり、そこに他大学の強豪選手が割ってはいり、優勝の行方を左右する、というものでした。
そして優勝するためには160点必要と試算しました。
結果、本学の獲得得点は157点でしたので、選手は本当によくやったと思います。
最終日、一時首位に躍り出ましたが、個人種目の最終レース、200平泳ぎで近大勢が1、2、3フィニッシュし、自軍の戦略は詰みました。
800継のメンバーにとっては、心身とも満身創痍のなか臨んだレースだったと思います。
最後まで全力を尽くしてくれたことに感謝しています。

女子は少数のハンデを乗り越え、3年生の山本を中心に驚異的な粘りを見せてくれました。
戦前の予想を大きく覆す、最高のレジスタンスでした。
インカレに向けてもう一度鋭気を回復してもらいたいと思います。

3日間で延べ70名を超えるOB、OGの方に応援に来ていただきました。
中には遠く香港から駆けつけてくださった先輩もいます。
本当にありがとうございました。
皆さんとともに歓喜の輪を築きたかったのですが、力が足りませんでした。
ご期待にそえず申し訳ありませんでした。
学生は頑張っていますので、引き続きご指導、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
posted by KGUSTスタッフ at 22:49| スタッフ(今村)より