2020年10月18日

日本選手権(25m)の結果と新チームの始動のお知らせ

日本選手権(25m)が10月17、18日に東京辰巳国際水泳場で開催されました。
IMG_0522.JPG
本学からは平松(商4、100自由形)佐多(経4、50背泳ぎ)塩川(経3、200背泳ぎ)の3名が出場しました。

結果は平松が49秒65(19位)、佐多が25秒06(17位)、塩川が2分00秒28(14位)となりました。
佐多は引退レースでベストタイムを更新し、有終の美を飾ってくれました。

それぞれの談です。

「24秒台を出したかったところですが、ベストで終われたので良かったです」(佐多)
「前半が遅すぎました。まあ、こんなもんです」(平松)
「後半上げようと思いましたが、バテてしまいました。練習に励みます」(塩川)


平松と佐多のレースが終了し、これで4年生全員がクラブを引退しました。
チームを牽引し、昨年から今年にかけて400リレー躍進の立役者であった両名がチームから離れます。
インカレから2週間後に開かれた今大会。
調整にさぞ苦心したものと思いますが、最後までよく泳いでくれました。
まずは身体を休めて、卒業までの半年間でこれまでできなかったことを経験してもらいたいと思います。

新チームが始動

日本選手権に先立ち、10月14日から新チームが始動しました。
初日はZoomでのオンライン・ミーティングとなりました。
当初は戸惑いもあったオンラインでのミーティングも、今ではお馴染みの光景となりました。
森下翔太・新主将のもと、目標に掲げた「日本学生選手権男女総合得点70点」を達成するべく、1年間邁進してまいります。
IMG_2552.JPG
(オンライン・ミーティング)

日本選手権で別れ際に平松が言っていました。
「自分は関学で4年間、自由に伸び伸びとやらせてもらえたのが良かったのだと思います」
輝く自由
まさに関西学院の神髄です。
後を託された現役生たちは、この「自由」の意味をはき違えることなく、「自由」に甘えることなく、自身の競泳を追求してもらいたいと思います。

さて、この「プールサイドから」ですが、2015年7月を最後に長らく休眠しておりました。
本当はこのままフェードアウトするつもりでしたが、平松たち4年生があまりにも頑張ってくれたので、何か記録に残さなければと突き動かされ再開した次第です。
勝手気ままな性分ゆえ、今後の連載は不明ですが、善処いたします。
更新が途絶えた場合は、仕事が多忙で余裕がなくなったか、ネタになるような取り組みがないかのいずれかですので、苦笑のうえご放念いただければ幸甚です。

末筆ながらOB・OGの皆様におかれましては、引き続き現役生へのご支援・叱咤激励のほど、よろしくお願いいたします。

posted by KGUSTスタッフ at 19:37| スタッフ(今村)より