2020年10月18日

日本選手権(25m)の結果と新チームの始動のお知らせ

日本選手権(25m)が10月17、18日に東京辰巳国際水泳場で開催されました。
IMG_0522.JPG
本学からは平松(商4、100自由形)佐多(経4、50背泳ぎ)塩川(経3、200背泳ぎ)の3名が出場しました。

結果は平松が49秒65(19位)、佐多が25秒06(17位)、塩川が2分00秒28(14位)となりました。
佐多は引退レースでベストタイムを更新し、有終の美を飾ってくれました。

それぞれの談です。

「24秒台を出したかったところですが、ベストで終われたので良かったです」(佐多)
「前半が遅すぎました。まあ、こんなもんです」(平松)
「後半上げようと思いましたが、バテてしまいました。練習に励みます」(塩川)


平松と佐多のレースが終了し、これで4年生全員がクラブを引退しました。
チームを牽引し、昨年から今年にかけて400リレー躍進の立役者であった両名がチームから離れます。
インカレから2週間後に開かれた今大会。
調整にさぞ苦心したものと思いますが、最後までよく泳いでくれました。
まずは身体を休めて、卒業までの半年間でこれまでできなかったことを経験してもらいたいと思います。

新チームが始動

日本選手権に先立ち、10月14日から新チームが始動しました。
初日はZoomでのオンライン・ミーティングとなりました。
当初は戸惑いもあったオンラインでのミーティングも、今ではお馴染みの光景となりました。
森下翔太・新主将のもと、目標に掲げた「日本学生選手権男女総合得点70点」を達成するべく、1年間邁進してまいります。
IMG_2552.JPG
(オンライン・ミーティング)

日本選手権で別れ際に平松が言っていました。
「自分は関学で4年間、自由に伸び伸びとやらせてもらえたのが良かったのだと思います」
輝く自由
まさに関西学院の神髄です。
後を託された現役生たちは、この「自由」の意味をはき違えることなく、「自由」に甘えることなく、自身の競泳を追求してもらいたいと思います。

さて、この「プールサイドから」ですが、2015年7月を最後に長らく休眠しておりました。
本当はこのままフェードアウトするつもりでしたが、平松たち4年生があまりにも頑張ってくれたので、何か記録に残さなければと突き動かされ再開した次第です。
勝手気ままな性分ゆえ、今後の連載は不明ですが、善処いたします。
更新が途絶えた場合は、仕事が多忙で余裕がなくなったか、ネタになるような取り組みがないかのいずれかですので、苦笑のうえご放念いただければ幸甚です。

末筆ながらOB・OGの皆様におかれましては、引き続き現役生へのご支援・叱咤激励のほど、よろしくお願いいたします。

posted by KGUSTスタッフ at 19:37| スタッフ(今村)より

2020年10月04日

日本学生選手権のご報告

10月1日から4日間の日程で開催されました日本学生選手権が終了しました。
本学の結果は、個人種目において平松(商4)100自由形で15位入賞、リレー種目において400リレーで11位400メドレーリレーで14位入賞男子総合18位(獲得得点20点)というものでした。

戦前の予想では、コロナウイルスの影響でクラブ活動が長期間中断されたこともあり、正直なところ1点も取れないのではないかと覚悟しておりました。
しかし、学生たちは私の浅はかな不安を覆し、得点を重ねてくれました。
スタッフとして関わった過去18年間で最も感銘を受けたインカレとなりました。

学生たち、とりわけ4年生は本当によくやってくれました。
コロナ禍によって練習環境と試合の機会を奪われました。
常人であれば自暴自棄に陥ってもおかしくはなかったと思います。
でも、彼らは自分たちの今やるべきことを自覚し、後輩を鼓舞し、チームを先導してくれました。

感謝!
この2文字以外、彼らに送る言葉が思い浮かびません。
OB・OGの皆さん、保護者の皆様、各スイミングスクール・高校の恩師の皆様。
最後まで戦い抜いた学生たちをぜひ褒めてやってください。

それではインカレのハイライトをいつもどおり勝手気ままに綴らせていただきます。

■平松(商4)、お疲れ! よく頑張ってくれました!
平松聖隆。商学部4年生。岡山・関西高校出身。関西学院大学水上競技部第101代主将。身長16●センチ。本学初の長水路100自由形で49秒台を樹立。
最後のインカレは、100自由形で15位入賞を果たしたほか、リレー3種目に出場し、うち2種目の入賞に貢献するなど、今大会で本学が獲得したすべての得点に絡んでくれました。
小柄な体格を全く感じさせないダイナミックな泳ぎと抜群の技術を武器にチームを牽引してくれました。
最後の800リレーまでこき使ってしまいました。
4年間、ありがとう。
君には感謝の言葉しかありません。

■400メドレーリレーで関学新記録を更新
3分42秒27の関学新記録を樹立し、14位入賞を果たしました。
従来の関学記録を1秒7上回る好記録です。
この状況下での関学記録の更新はうれしい誤算でした。
・1泳は塩川(経3)。決して本調子ではありませんでしたが、56秒台でまとめ、最低限の役目を果たしてくれました。来年は個人で決勝進出やで。
・2泳は平井(経2)。衝撃の1分00秒97で引き継いでくれました。頭を剃った甲斐がありました。
・3泳は大川(経4)。ラストレース。高ぶる気持ちをうまく制御し、54秒台でまとめ役割を果たしてくれました。OBの賀門君、大川はよくやってくれました。最後までナイスガイでした。
・4泳は平松(商4)。ラップタイムは49秒81。渾身の力を振り絞ったグッドレースでした。

■400リレーで11位
関学記録に迫る3分23秒36の好記録で11入賞を果たしました。
この記録も予想外で、うれしい誤算パート2となりました。
・1泳は平松(商4)。50秒台で確実に泳ぎ、勢いをつけてくれました。
・2泳は佐多(経4)。ラストレース。直前の怪我を乗り越え、51秒前半でつないでくれました。OBの坂上君、佐多をぜひ労ってやってください。
・3泳は三原(社1)。期待のルーキー。引継ぎベストで役割を果たしてくれました。来季は平松の後任の有力候補として、頼んまっせ!
・4泳は森下(法3)。50秒01の引継ぎベストでフィニッシュ。コロナ禍で全く泳げていないことを踏まえれば上出来。来季は「平松超え」やで。

■藤田(商3)と平井(経2)が自己ベストを更新
藤田が200背泳ぎで2分3秒15(18位)、平井が100平泳ぎで1分2秒17(26位、関学新)と、それぞれ自己記録を更新しました。
今季は自己記録を更新したすべての選手が勝者だと考えます。
両者はA決勝も射程距離に入ってきました。
来年は決勝の舞台で「新月」を掲げましょう。

■オオタニサン、オツカレサン
大谷(社4)はこの4年間、選手としてはもちろん、学連委員として、最終年度は主務まで務め、陰に日向に働いてくれました。
今回のインカレも朝早くから夜遅くまで、自分の役目を最後まで全うしてくれました。
感謝感激雨あられ。
ほんまに、ありがとうございました。

今季のKGUSTの活動はこれにて終了です。
この1年間、OB・OGをはじめ保護者の皆様、関係者の皆様には多大なるご支援とご協力を賜りました。厚くお礼申し上げます。
さらにコロナ禍の大変な中、学生たちを受け入れてくださった各スイミングスクールをはじめ高校、市民プールの関係者の皆様、本当にありがとうございました。
皆様のご配慮がなければ今季の弊部は成り立ちませんでした。深く感謝申し上げます。

新チームは、森下翔太主将林みのり主務のもと、10月14日から再開します。
引き続き変わらぬご支援を頂戴できれば幸いに存じます。
よろしくお願い申し上げます。

posted by KGUSTスタッフ at 21:33| スタッフ(今村)より

2020年10月01日

インカレが始まりました

日本学生選手権が本日から4日間の日程で東京辰巳国際水泳場にて開催されています。
IMG_2499.jpg

初日の今日は開会式と男女50M自由形のみ行われました。
本学からは平松(商4)が出場し、記録は23秒40、全体29位という結果でした。
IMG_0478.JPG
平松聖隆(商4) 50自由形

オリンピックイヤーということもあり、1種目目から上位者の記録はハイレベルなものとなりました。
コロナウイルスなど関係なし、といった感じです。
明日以降のレースも相当なレベルになると思いますが、ひるまず自分たちのレースを展開してまいります。

それにしても今年のインカレは異様な雰囲気の中、行われています。
・入退場のチェックが例年以上に厳重であること
・無観客に加えて選手も自分の種目が終わったら原則退館する必要があるため、スタンドは閑散としていること
・声援は禁止で、拍手による応援のため、静寂に包まれていること
主催者のご苦労は並々ならぬものであることが容易に伝わります。

今日は1種目のみであったため、レース前のアップの時間が長く取られていました。
アップ後に学生が観客席で大学のオンライン授業を受けていたのには驚きました。
賛否両論あるオンライン授業ですが、遠征先の試合会場で授業が受けられるのは利点の一つかもしれないと思いました。
IMG_2498.jpg
1年生の2名、オンライン授業受講中

最後になりましたが、OBの長谷川大輔先輩から選手たちにアミノバイタルの差し入れを頂戴しました。
この場を借りてお礼申し上げます。
オンライン授業受講中

明日以降の試合結果はまとめてご報告させていただきます。
YouTube等でも放映しておりますので、お時間が合えばご覧ください。

posted by KGUSTスタッフ at 21:09| スタッフ(今村)より