2013年11月18日

和やかな祝勝会

IMG_0708[1].JPG今年度の「水の祭典」(水上競技部OB・OG交流会)が11月16日(土)、大学プールと関西学院会館で開催されました。
まずはご多忙の中お越しいただきましたOB・OGの皆様にお礼申し上げます。

今年は、競泳男子が50年ぶりに関西学生選手権で総合優勝したことを記念し、祝勝会を兼ねた催しとなりました。
司会・進行を中園博喜先輩(H12卒)に務めていただいたほか、同選手権の記念ムービーを上映するなど、例年とは違った趣向で先輩方をお迎えしました。
ご出席者の中には卒業以来初めて来たという先輩もいて、「現役の快挙にいてもたってもいられなくなった」というお言葉を頂戴しました。
レセプションの部では、メルボルン、ローマ、東京の3大会連続でオリンピックに出場された馬淵かの子先輩(S35卒)をはじめ、複数の先輩方にご挨拶を賜り、学生たちに賛辞を呈していただきました。
おかげさまで会は終始和やかに進み、最後に皆で歌った校歌『空の翼』はまるで凱歌のような感がありました。
現役時代を含めると20回以上参加しておりますが、こんな和やかな祭典は私自身も初めて経験しました。
改めて勝負事は勝たなければならないのだと、実感することができました。

当日は、多くの先輩方から弦泳会費と寄付金を頂戴しました。
レセプション代も例年より高額に設定させていただきましたが、快くお支払いいただきました。
皆様からの経済的支援があるからこそ、練習用具の購入や遠征費等の補助が可能となり、チームの強化へとつながりました。
弦泳会費の口座(自動)振替をお申し込みいただいている方を含め、改めてお礼申し上げます。

次年度の水の祭典は2014年11月22日(土)を予定しております。
皆様に吉報をお届けできるよう、部員一同さらに精進してまいりますので、今後とも変わらぬご指導、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
posted by KGUSTスタッフ at 22:42| スタッフ(今村)より