2012年03月07日

注目のマト

関西学生春季室内選手権が3月3日(土)、大阪・長吉プールで開催されました。
本学からは全員が出場しましたが、全54種目中ベスト更新はわずか2種目と、寂しい結果となりました。
練習の取り組み方はもちろん、生活の隅々に至るまで見直さなければ、目標の達成は困難であることを、皆が再認識したと思います。

そんな中、孤軍奮闘した選手がいます。
2年生の山本麻利(まと)です。
50、100FRでベストを更新し、いずれも大会新記録で優勝しました。
ターンの浮き上がりで失速したため、残念ながらJAPAN、JAPANOPENの標準記録は突破できませんでしたが、泳ぎのキレは非常によかったと思います。
地道なトレーニングの積み重ねによる筋力アップと体幹の安定が奏功し、これまで以上にスピードが出るようになりました。
まだまだ上にいけるはずです。
今季の注目の的、です。

1年生の森芳も、ベストには届かなかったものの、魅せてくれました。
1500FRでチーム待望のJAPAN突破を果たしてくれたのです。
1450Mの時点では、ダメかと思いましたが、ラスト50Mを27秒3でカバーし、目標を達成しました。
昇り調子のようなので、この勢いでチームも牽引してほしいと思います。

今週末は4年生の追いコンが梅田で開催されます。
今年はどんな話が聞けるのか。
楽しみでもあり、寂しくもあります。
posted by KGUSTスタッフ at 00:03| スタッフ(今村)より