2010年12月10日

初レース

新チーム初の公式戦が5日、京都アクアリーナで開催されました。
10月から始動し、最初の1ヶ月は主に1年間の土台作り、11月から本格的な有酸素トレーニングへと移行し、日を重ねるごとに強度を増してきました。
そのため本レースは事前に練習量・質とも落とすことなく臨むことになりました。
その中で9つのベスト記録が出たことは、まずまずの結果であったと思います。
特に日本短水路標準を突破した遠藤(50Fr)、ベストを2秒以上更新した一ツ矢(200Fr)の2名が目立ちました。
また、平谷、文野、世良、大和、山本(譲)も専門種目でそれぞれベストを更新し、次に弾みをつけてくれました。
他にもベストこそ出ませんでしたが、日々のトレーニングのテーマを理解し、それを生かしたレース選択、レース展開をしてくれた選手も複数いました。
ただ、内藤監督も試合後のミーティングで話されていましたが、試合の主旨を把握しきれなかった選手がいたことは残念です。
やはりこの時期はトレーニングの達成度を確認する意味でも、ストローカーであれば50よりも200を選択した方がよかったのではないかと思います。

さて、OB・OG交流戦「水の祭典」も無事に終えることができました。
今年も多数の先輩方にお越しいただき、感謝申し上げます。
引き続き行われた「竹下コーチと過ごす会」にも、多くの方にご参加いただきました。
重ねて御礼申し上げます。
次年度の「水の祭典」(レセプションの部)は2011年11月26日(土)午後5時〜、関西学院会館で開催する予定です。
予めご予定を空けておいていただければ幸いです。
posted by KGUSTスタッフ at 00:14| スタッフ(今村)より