2010年11月15日

『弦泳』完成

弊部の年間活動報告を兼ねた部誌『弦泳』(第24号)が本日、納品されました。
今年は3年生の松本卓也が編集責任者として、春先から準備を進めてくれました。
私も現役時代に担当しましたが、原稿依頼をはじめ入力作業、広告集め等、それなりに骨が折れる作業です。
まずは労をねぎらってやりたいと思います。
ただ大学生としては、痛い変換ミスが数点ありましたので、「優」獲得は微妙です。
OB・OG各位の判定に委ねたいと思います。
『弦泳』は、今週末の「水の祭典」にお越しの方には直接配布いたしますので、それまで楽しみにお待ちください。

さて、新チーム発足から45日が経過しました。
練習も徐々に厳しさを増してきています。
3週間後には新チーム初の公式戦が控えていますが、まだ身体の重い、太めの選手がいます。
そろそろ本腰をあげて、絞っていかなければなりません。

本年度のスポーツ推薦の結果、来春はかなり有望な新人が複数入部してくれることになりました。
迎える先輩部員たちの闘志にも火がついたことと思います。
一人ひとりが自立(律)した、連帯感の強いチームに向けて、さらなる精進を重ねてくれることでしょう。
来る「水の祭典」では、皆様からもぜひ叱咤激励してやってください。
お待ちしております。
posted by KGUSTスタッフ at 23:12| スタッフ(今村)より