2010年07月12日

ミラクル・ガールズ!

関西学生まで残り3週間を切りました。
学生たちは、定期試験の勉強とともに、最終仕上げの段階へと入っています。

そんな中、一昨日、昨日と天理チャレンジが開かれ、驚異的な記録が飛び出しました。
筆頭は1年生の神野。
100バタで2.5秒、200バタで5秒、ベストをそれぞれ更新し、暫定ですが、ジャパンオープンの制限記録を自身初めて突破しました。
本人に感想を聞いたところ、「泳いでいるときの感覚はいつもと違って、やたらと進むなという感じでした。前回の神戸市民大会の結果は散々でしたが、自分の課題を見つけることができ、この1カ月、フォームの修正に努めてきました。それが功を奏したのだと思います」と、自分でもまだ信じられない様子でした。
神野は大阪・箕面高校出身。
歴代の同校出身選手は皆、研究熱心で、クラブ活動に真摯に取り組んでくれています。
彼女もそんな箕面のDNAをしっかり継承していますので、今後さらに飛躍してくれるものと期待が高まります。

今大会ではほかにも好記録が続出しました。
1年生の山本(麻)、小林(広)、大和は、神野に続けと、それぞれベストを更新。
3年生の平原は50FRでまたしてもベストを更新し、ジャパンオープンの標準記録(暫定)を突破しました。
リレーでも1泳の遠藤がベストを大幅に更新。その勢いは後の泳者にも引き継がれ、好記録でインカレの制限記録を突破しました。
調整なしで挑んだ試合だけに、KGミラクル・ガールズの活躍にはさずがに脱帽しました。

男子では3年生の松本が奮闘しました。
100バタで1秒、ベストを更新。関西学生に向けて弾みがついたと思います。
1年生の一ツ矢、斉藤の中距離コンビも復調の兆しが見えてきました。

次はいよいよ関西学生です。
OB・OGをはじめ関係各位のご声援、よろしくお願いいたします。
吉報をお届けできるよう、準備に努めます。
posted by KGUSTスタッフ at 23:23| スタッフ(今村)より