2010年03月19日

もうひとつの卒業

大学の卒業式が昨日、執り行われました。
今年は、水上競技部から8名が巣立ちました。
彼らの残した功績は、今さら述べるまでもありません。
13日に開かれた追い出しコンパでは、彼らの口々から関係各位への感謝の気持ちと後輩への熱いメッセージを繰り返し聞くことができました。
水泳で培った人間力を生かし、次のステージでも“Mastery for Service”を追求してもらいたいと思います。

4年生とは別にもう一人、卒業を迎えた後輩がいます。
大学院生の今西君です。
2005年3月文学部卒業後、心理学をさらに究めるため、大学院へ進学。修士課程2年、博士課程3年を経て、16日、卒業しました。
しかも博士学位(心理学)を取得しての快挙です。
練習後、図書館で勉強する姿をよく目にしましたが、水泳にも勉強にも真摯に取り組む、わが部の模範生です。
人格的にも申し分ありません。
実直な彼らしく、今日わざわざ職場にあいさつに来てくれました。
4月から自動車メーカーの研究所で勤務するため、明日上京するそうです。
現役引退後もよくプールに顔を出し、後輩たちに声をかけてくれました。
マスターズでも同じチームで泳いでくれました。
さびしくなりますが、前途を祝したいと思います。

今年も次の言葉で結びます。
「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません」(ローマの信徒への手紙5章3節〜5節)

(追伸)私事ですが、4月1日付で広報室から財務部へ異動となりました。ますますプールから足が遠のきそうです。。。
posted by KGUSTスタッフ at 20:45| スタッフ(今村)より